県南地域でりんごを販売(東北町ほか)

2014/11/06〜07


コンテナ4箱分を買うお客様も
会場は大盛況です

 11月6日・7日の2日間にわたり、東北町のあぐりサービス(株)とうほく店と天間林村の同天間林店でりんご販売キャンペーンが開催されました。
 会場では家庭用のサンふじおよび王林が販売され、販売開始早々から多くのお客様が訪れてはコンテナ満杯に詰められているりんごを買い求めていました。

上手にもげるかな?(相馬小学校)

2014/10/24


「将来はお父さんのような人に…」
つるを取らないように、慎重に…

 10月24日、五所地区の田沢稔氏りんご園で相馬小学校3学年の児童30名がりんご収穫体験を行いました。
 この日収穫したのは晩生種のサンふじ。収穫作業を体験した後に感想を求められた林崎絢瀬君は、「お父さんみたいに立派なりんご農家になって、良いりんごをたくさん作れるようになりたい」と話していました。

高校生が選果場を見学


プールラインを見学する生徒

 10月8日、弘前実業高校農業経営科2学年の生徒87名がJA相馬村フルーツステーションを訪れ、りんごの荷造り風景や選果設備などを見学しました。
 りんごを貯蔵しているスーパーCA冷蔵庫に半袖で入った生徒は、「寒い、寒い!」と繰り返しながら天井まで高く積み上げられているコンテナを眺めていました。

新わい化現地検討会を開催


試験園を視察する出席者ら

 10月21日、JA全農あおもりは五所地区の新わい化試験園で新わい化栽培現地検討会を開催し、農協職員や関係機関が青森県における新わい化栽培の課題について検討を行いました。
 これからの季節の課題としては凍害対策などがあげられ、長野県との降雪量の違いなどから必要とされる対策などが担当職員より説 明されました。



Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.