相馬小へ「ちゃぐりん」寄贈

2017/07/13

夏休みに勉強と遊びを両立
マンガで「食」と「農」を学ぶ

 7月13日、JA相馬村は相馬小学校に「ちゃぐりん」を寄贈した。
 今年は、より多くの生徒に読んでもらおうと昨年より約20冊多い136冊を寄贈し、「いのち・自然・食べ物・農業の大切さ」を楽しく学んでほしいと呼び掛けた。「ちゃぐりん」は21世紀を担う小学生を対象に勉強と遊びの両立をカバーし、食と農の学習に役立っている。

 
花田部長らから「ちゃぐりん」を受取り、夏休みを楽しみにする相馬小学校の生徒

りんご出荷生産者大会

2017/07/26

りんご取扱90万箱
共販率95%を達成しよう

 7月26日、弘前市中央公民館「長慶閣」で平成29年度りんご出荷生産者大会が開催され、生産者や市場関係者ら約180名が参加した。また、平成28年度りんご高価格販売組合員表彰では福田徳博氏(桐の木沢地区)ら7名が受賞した。

29年度フルーツステーションスタッフを紹介
三上道葊組合長から高価格販売表彰を受ける福田徳博氏ら(中央)

中国IT企業「アリババグループ」来協

2017/07/18

蝦名課長補佐から栽培管理等の説明がされた

JA相馬村管内を視察
青森リンゴを輸入判断材料に

 7月18日、中華人民共和国から「アリババグループ」の副総裁ら5名が来協し、当JA管内のリンゴ園やJA施設を見学した。
 アリババグループは主にオンラインショップでの取引を行なっており、世界中でインターネットを通じてサービスを提供している。

わい化優良園地視察

2017/07/20

優良園地に関心を寄せる会員ら

 7月20日、相馬村わい化栽培研究会は藤崎町わい化研究会管内のわい化園3カ所を視察した。
 今年度は、県内各地から約150名が参加し、技術の研鑽と生産意欲の向上を図った。

共防連夏季研修

2017/07/25

野呂主幹の防除要点を熱心に聞き入る会員ら

徹底防除に熱意

 7月25日、ロマントピアで相馬村共防連夏季研修が開催され、約80名が参加した。
 研修会開催に当たり、山内正治会長は「病害虫の徹底防除に努め、これからも高品質栽培に取り組んで頂きたい」と挨拶した。その後、農業普及振興室の野呂賢一主幹からハダニ類の生態と防除の要点等が説明された。

中澤樹希也選手が甲子園出場報告

2017/07/31

甲子園での活躍に期待

青森山田8年ぶり11度目

 7月31日、青森山田高校2年中澤樹希也選手(桐ノ木沢出身)が来協し、第99回全国高校野球選手権青森大会優勝とともに甲子園出場を報告した。

恋空目揃い講習

2017/08/04

葉摘みは果実に密接する上部とし、最小限にとどめることを確認

鮮度重視の収穫を

 8月4日、JA相馬村管内のリンゴ園で恋空収穫においた目揃い講習会が開催された。
 今回は約20名のリンゴ生産者が参加し、適期収穫について再確認した。講師は田澤俊明氏(五所地区)が努め、着色管理の葉摘みなどについて指導を行なった。



Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.