JA相馬村 第53回通常総会開催

明るい飛馬の未来に活発な意見飛び交う

  • 役職員一丸で前進
  • 第53回通常総会開催にあたり、三上道廣代表理事組合長があいさつ
  • 慎重審議のうえ全議案を承認する組合員

 9月26日、弘前市立中央公民館相馬館「長慶閣」でJA相馬村第53回通常総会が開催され、組合員ら約350人が出席した。
 開催にあたり三上道廣代表理事組合長は「今年度の事業計画案については農業者の所得増大を大きな目標に掲げ、それにともなった各事業の計画を作成しています。また、皆様の営農、くらしに寄り添った目標を計画しておりますので、皆様に最大限に利用してもらえるJAを目指して計画を実行して参ります。」と挨拶した。また、提出議案については慎重審議のうえ無事全議案が承認され、第53回通常総会は幕を閉じた。

三連休に台風18号最接近

  • 報道機関に対応する生産者
  • 一部では大きい被害も

吹き返しで強い風 落果被害は約1%に

 9月18日早朝、大型台風18号が当JA管内に最接近した。この影響で高台の道路付近に面した一部の園地で多くの落果被害が見受けられ、当JAは市役所と連携し迅速な対応と被害調査に当たった。

ベトナム向け 収穫前検査

収穫前検査を受ける生産者ら

世界一・陸奥の登録園地

 9月14日、ベトナム向け輸出リンゴの中生種防疫官検査が行われた。今回は世界一と陸奥を栽培する5名の生産者の園地で収穫前検査が行われ、登録樹約100本が無事合格した。



Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.