組合員の皆様へ
営農

りんご(5/15〜6/15)

生育は『平年並み』

 冬場の降雪量は昨年より少なかったものの、3月の降雪により管内の消雪日は昨年同様の4月16日となりました。
 管内りんご園の展葉日は左表のようになっており、生育の進み具合はほぼ平年並みとなっています。

地区別の展葉日(カッコ内は昨年比、単位は日)

  ふじ 王林 つがる
湯 口 4/18 (−9) 4/17 (−8) 4/23 (−5)
紙漉沢 4/ 23 (−9) 4/21 (−10) 4/25 (−7)
相 馬 4/21(−11) 4/21 (−10) 4/25 (−7)
(りんご研) 4/18 (−8) 4/16 (−8) 4/19 (−9)

適正着果を目指して

 高品質で大玉のりんごを生産するためには、早めに摘果作業を終えることが大切です。まずは数をこなすことを念頭において、摘果・摘花作業を行いましょう。果実の細胞分裂が終わる「落花25日後頃」までに摘果を完了するのが理想的です。

りんご病害虫防除歴(第4回目〜第5回目)

回数 散布量 散布時期 基準薬剤 希釈倍数 備考
4 420
リットル
落花15日後
(6月上旬)
スペックス(水)
スプラサイド(水)
又は エルサン(水)
クレミクス
又は バイカルティ
600倍
1,500倍
1,000倍
333倍
1,000倍
第4回までは黒星病重点防除時期です。
○カイガラムシ防除
落花10日後、20日後の2回、有機リン剤等で胴木洗いを実施
○ダニがいる場合
バロック(2,000倍)を加用
○炭疽病・褐斑病が多発している園地ではユニックスZを選択(第5回)
5
500
リットル
落花30日後
(6月中〜下旬)
ユニックスZ(水)
又は チオノック(F)
モスピラン(水溶)
クレミクス
又は バイカルティ
500倍
500倍
4,000倍
333倍
1,000倍

水稲

除草剤使用時は要注意

 水田の一発除草剤は「ナギナタ」を使用します。除草剤施用時には5〜6cmの深水にし、その後3〜4日は水田に水を入れないようにしてください(薬剤の層を壊さないため)。やむを得ず水を入れる場合は、静かに水を入れるようにしてください。

水管理について

 水田の水管理については、平均気温が高いときは浅水にして分けつを促進し、低いときは深水にして低温障害を未然に防ぎましょう。
 水が足りない場合は夜間に水を入れ、掛け流しは絶対に避けてください。

水管理の目安

平均気温 管理方法
高 い(20℃以上) 浅 水 2〜3cm
低 い(15℃以下) 深 水 5〜6cm

(JA相馬村広報 2014年5月)

Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.