組合員の皆様へ
営農

りんご(9/15〜10/15)

 JA相馬村管内のりんごの生態 は順調に推移しており、9月1日 現在では「ふじ」で平年と比較し て3日程度早く推移しています。
 作業については、早生種の収穫 から中・晩生種の着色管理へと移行しています。

除袋時の注意点

 果実表面の日焼けを防ぐために、作業時は次の点に注意しましょう。

  • 一般的な二重袋ではまず外袋をはぎ、果実の色が黄色みがかったとき、あるいは薄い縞が入ったときに内袋をはぐ
  • 内袋をはぐとき、または一度はぎ用二重袋をはぐときは、曇りの日か晴れた日の日中(10時〜14時ころ)に作業を行う

 また外袋をはぐ時には、同時に果実に密着している葉を摘み取るようにしましょう。(着色ムラ発生の防止、およびハマキムシ類による被害の予防)

薬剤による摘葉について

 葉摘みの時に薬剤を使用する場合は、「ジョンカラープロ」を使用します。その際は展着剤としてブラボーを加えることで、安定した効果を得ることができます。また、日当たりの悪い樹冠内部で落葉しやすく、日当たりの良い場所では落葉しにくいという特徴があります。
 使用の際にはふじ以外の品種にかからないようにしましょう。なお、ジョナゴールドでは果実にサビが生じた事例があるため注意が必要です。

ジョンカラープロの使い方

品種名 ふ じ
使用目的 摘 葉
使用時期 収穫40〜50日前
年間使用回数 1回
希釈倍数 500倍
散布量 400〜700L / 10a

(JA相馬村広報 2014年9月)

Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.