組合員の皆様へ
購買・販売

果実販売動向

着色は順調に推移する

 8月の果実動向は、すいかについては仲卸在庫が多いことに加え、消費地の天候が不安定なことから引き合いは鈍く販売苦戦が続き、メロンについては盆明け後に売り場は縮小されましたが入荷量が少なく堅調に推移しました。桃については、各産地とも生育が前進化し、盆前に入荷が集中したことから低調に推移しましたが、盆明けには一変しシーズン終盤の晩生種で品薄となり、相場は持ち直しました。
 りんごについては、盆明けから長野県産サンつがるの入荷が増量となりましたが、前年産の冷蔵物が少なく早めに切り上がっていたことから、色薄等下級品の比率が高いにもかかわらず、比較的順調な販売となりました。夏果実の前進出荷による秋冬果実との端境期から果実全般に品薄傾向のなか、りんごについては各県ともに果肉先行と着色良好から前進出荷傾向となり、産地市場についても高価格でスタートしました。9月に入り、長野県産がピークとなり、本県産サンつがるもスタートしたことから総体量は増加傾向となり、価格は消費地市場、産地市場ともに下げに転じました。きおうについては熟度先行や落下の影響により、8月末には産地市場の入荷も終盤となり、9月以降の消費地市場への入荷量が抑制されたことや、量販店等の品揃えもあることから、安定した相場となりました。
 今後は、梨・ぶどう等秋冬果実の出揃いから、果実全般に潤沢な流通量となることに加え、本県産サンつがるがピークとなりますが、後続の中生種の順調な生育と増量から、サンつがるの販売期間が縮小されることによる価格低迷が懸念されます。そのため、安定的な売り場の確保と下級品等の企画商品を中心に、積極的に消費宣伝の強化等に取り組み、価格の底上げを図り、有利販売に努力します。


りんごの予想収穫量及び結果樹面積(青森県「攻めの農林水産業」推進本部公表)

品種 ふじ 王林 ジョナ むつ その他 合計
予想収穫量(t) 219,800 47,500 43,700 49,200 93,800 454,000
前年比 107 101 106 108 128 110
結果樹面積(ha) 9,770 2,200 2,060 2,290 3,680 20,000
前年比(%) 100 100 98 100 103 100

りんご出荷生産者の皆さまへお知らせ

晩生種りんごの入庫が終了するまで、本所・相馬支所フルーツステーションは土曜・日曜・祝祭日も休まず営業いたします。
なお、入庫に関するお問合せは本所フルーツステーションまでお願いします。

JA相馬村本所 フルーツステーション 電話84−3293

10月イベント情報

・5の付く日は会員5円引き/5、15、25日
・毎月10日と20日は灯油2円引き
・3の付く日はポイント3倍/3、13、23日

(JA相馬村広報 2014年9月)


Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.