組合員の皆様へ
購買・販売

果実販売動向

3〜4月の果実動向は、中・晩柑類については、全般に酸抜けが進み、食味が良好であったことから引き合いが強く、数量減の前進出荷で早めに切り上がり、いちごについては、天候の回復と3番果の本格化により数量増となりましたが、特売や企画販売が組まれ、売り場が拡大したことから順調な販売となりました。しかし、4月の気温上昇に伴い増量傾向となり、相場は下げの展開となりました。輸入果実のグレープフルーツやバナナは病害や干ばつ等の影響で生産量が大幅に減少したことから、高値だった前年同時期をさらに上回る価格となっています。

りんごについては、小売価格の高さと気温上昇による品質低下が散見され、荷動きが鈍い状況が続きましたが、果実全般に品薄傾向であることに加え、CA貯蔵品への切り替えにより品質が安定していることから順調な販売となりました。しかしその後、いちごが値ごろ価格で販売されたことや、輸入果実の売場が拡張されたことにより、小売価格が高めで設定されているりんごについてはさらに荷動きが停滞しました。特に、王林については、国内外に於ける流通・小売段階でヤケや軟質果等の品質低下が散見されたことや、4月以降、大量に出回ったことにより、相場は下げの展開となりました。今後、主体となるふじ系については、GW明けからサンふじから有袋ふじへと本格的に切り換わり、小売価格が一段上げの売り込みとなっていることから、荷動きは低調となっています。競合するさくらんぼについては、高値基調のため、極端に売り場拡大はしない見込みであり、いちごが減少傾向のなか、すいか・メロンについては徐々に入荷が増量し売場は拡大されますが、当面は不安定な入荷状況が続き、総体量も少ない見込みです。

りんごについては国産果実の増量に伴い、荷動きは鈍い状態が続きますが、果実全般の品薄感を解消するまでには至らず、引続き主力品目として売場は確保されることが見込まれます。しかし、県全体の産地在庫が前年を上回っていることに加え、これまでの出荷がサンふじに傾注していたことや、有袋ふじへの切り替えが遅れていることから在庫バランスが悪く、各品種ともに品質が弱いことから、産地における品質管理を徹底するとともに需給バランスを考慮した出荷計画はもとより、流通段階(市場・小売)の品質管理も重要となっています。

平成27年産

品種 サンふじ ふじ 王林 ジョナ サンむつ むつ シナノ
ゴールド
その他 合計
単 価
(円/10s)
3,003 4,423 2,917 3,448 2,134 4,387 3,223 2,812 2,885
前年比(%) 112 119 107 114 103 99 110 111 111
数量
(箱/10s)
5,456,910 44,559 736,289 230,982 23,411 18,753 55,771 3,326,244 9,892,919
前年比(%) 110 56 104 68 102 75 84 106 104

単価は全農青森データ(4/26累計)

6月のイベント情報 JA-SS

・5の付く日は会員5円引き
・毎月10日と20日は灯油2円引き
・3の付く日はポイント3倍
・毎週土、日、月は特売日
・300ポイントに付き景品1つと交換

(JA相馬村広報 2016年5月)


Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.