組合員の皆様へ
購買・販売

果実販売動向

 8月の果実動向は、スイカ・桃等の夏果実が盆前から各産地潤沢な流通となり、天候不順から末端の消費は総じて鈍い状況で、流通在庫を抱えての販売となったことから、下げ基調で推移しました。特にスイカについては7月までは消費地の気温高や品薄傾向により高値で推移しましたが8月には一転し、暴落しました。また、桃については、収穫前の降雨により果実が肥大し、食味が悪く消費も低迷しました。一方、野菜については、7月までは各産地潤沢な流通となり、また、気温高により消費も鈍く安値基調で推移し、産地で処分される品目もありましたが、8月には日照不足等の影響で入荷減となり一転し、高騰しました。本年の特徴は青果物全般、天候によって生育や消費動向が左右され、不安定な相場となっています。
 リンゴについては、28年産の流通在庫がジョナゴールドを中心に多く、長野県産の着色遅れと小玉傾向から遅れ気味で推移し、消費地の天候不順もあり果実全般に荷動きの鈍い状況が続きました。9月にはナシ、ブドウ、桃等主体の売場構成に加え秋果実も出揃い、また、本県産「サンつがる」が夜温の低下により着色先行の生育で推移していることから、上旬には各産地ともピークを迎え、引続き果実全般に流通量増となり厳しい販売環境となっています。今後、「サンつがる」については小玉中心なことから、40玉、小玉、イフココンテナ等を中心に企画販売し、また、「きおう」についても46・50玉中心で厳しい状況ですが、香港を中心とした輸出向け等の企画販売していることから相場も安定する見込みです。
 後続する中生種については、「トキ」を中心に輸出向けへの引き合いが強いことから、大学生アルバイトや、外国人研修生、「職員職場離脱」の実施により、早生種を9月中に販売終了し、中生種の早期有利販売に取り組みます。

「サンつがる」が着色先行の生育で推移

早期有利販売に向け大学生らを雇用

りんごの予想収穫量及び結果樹面積(青森県「攻めの農林水産業」推進本部公表)

品種 ふじ 王林 ジョナ つがる その他 合計
予想収穫量(t) 229,200 47,500 2,000 2,270 3,920 453,700
前年比(%) 102 106 95 95 103 101
結果樹面積(ha) 9,550 2,160 2,000 2,270 3,920 19,900
前年比(%) 99 100 99 100 100 100

(JA相馬村広報 2017年9月)


Copyright(C) JA Village Souma. All Right Reserved.