このページの先頭へ

一つ成り摘果

一つ成り摘果は、中心果を残すことを基本とし、主に果実の肥大促進や品質向上を図ります。

一つ成り摘果
ステップ1

中心果を残し、側果を摘み取る。

摘果前

(1)摘果前

摘果後

(2)摘果後

摘果のポイント

人差し指と中指の間に親指で実の付け根あたりを押し付ける。

摘果のポイント01
ステップ2

中心果が生育不良や変形果などの障害果の場合は、側果の中から良い果実を残しましょう。ひと株につき5~6個の幼果があるので、その中でも丈夫で形が良く、ツルが太くて長いものを残します。

摘果前

(1)摘果前

摘果後

(2)摘果後

ステップ3

新梢(枝先から見て最初の年次までの部分)については、全ての実を摘み取る。

ステップ3

摘果のポイント

先ほどの摘果方法で新梢などの摘果がやりにくい場合は、実を掴み、実の付け根部分に力を加えると取れやすい。

(1)

摘果のポイント1

(2)

摘果のポイント2
摘果の注意事項

実を傷つけないようにしましょう。

摘果の注意事項
摘果の注意事項

葉をちぎったり、株ごと取らないようにしましょう。

摘果の注意事項
摘果の注意事項

「りんごの摘果」を、動画で見る

戻る

お知らせ

MENU